音楽、映画、本、アート、スポーツ

GLIM SPANKY

音楽/MUSICS

GLIM SPANKY

1960 - 70年代のロックやブルースを基調にしながらも
それらのルーツを自身の世代感というフィルターを通し
独自の感性と現代的な感覚で昇華させたナンバーによって
新しさを感じさせるサウンドを鳴らし
幅広い世代を唸らせる新世代の男女2人組ロックユニット

1960 - 70年代の...

出典 http://ja.wikipedia.org

GLIM SPANKY 7

デビューしてすぐにテレビ局プロデューサーのYOU-DIE
いとうせいこう、リリー・フランキー、みうらじゅん
松任谷由実といった音楽好きの業界人に絶賛される

また、野宮真貴、佐野元春、桑田佳祐、加山雄三
といったミュージシャンからも絶賛された

デビューしてすぐに...

出典 http://ja.wikipedia.org

GLIM SPANKY 2

古いロックを軸としているが
決して現代のシーンに背を向けているわけでも
単純に昔の音楽の再現をしているわけでもない
単に古いブルージーなサウンドにしても
逆に今風のサウンドに迎合しても仕方ないので
自分たちにしか出せない音を目指している
レコーディング機材もヴィンテージなどに拘ることはなく
むしろ最新機器を使って現代に生きている人が
聴いてぞくっとくる音を探して作っている

古いロックを軸として...

出典 http://ja.wikipedia.org

GLIM SPANKY 3

2人の野望は「日本語の楽曲で世界に打って出ること」
洋楽にルーツを持ちながら日本語で歌うのは
自分たちの音楽を世界に発信するにあたって
「日本人なので日本語で表現したい」という思いと
海外の人に聞かせるには彼らに出来ないこと
つまり日本のエッセンスを
打ち出していかなければいけないという考えからで
その上で世界に通用するロックサウンドや
ワールドワイドなリズム
現在の日本で流行しているものといった
それぞれ関係ない文脈を合体させるようにしている

2人の野望は...

出典 http://ja.wikipedia.org

GLIM SPANKY 3

バンド名は松尾が好きだった
ケルト文化の伝説や幻想文学に由来するもので
ゴブリンのような鬼の持つ“GLIM”
(グリム=灯火、かすかな光り)という
幻想的なイメージの言葉と
これから音楽業界に一発殴りこんでやる
という意味で“SPANK”(スパンク=平手打ち)
という攻撃的な要素を持った言葉を掛け合わせて名付けた
そしてこの名前が「幻想的な曲もあれば攻撃的な曲もある」
という音楽性も表現し
バンドの方向性を決定づけた

バンド名は松尾が好きだった...

出典 http://ja.wikipedia.org

GLIM SPANKY 5

楽曲の多くは松尾による作詞作曲で
まず松尾が歌詞と短い弾き語りのデモを作り
亀本と一緒にそれをブラッシュアップして行く
大まかなメロディーとコード進行がある程度決まったら
亀本がサウンドの方向性や
ギターリフ、ベースやドラムのフレージング
ビート感などを細かく詰める作業に入る
あるいは簡単なギターコードだけを決めておいて
それぞれ松尾は曲を
亀本はリフを考えて
お互いに出来上がったところで
合体させるという方法もある

楽曲の多くは松尾による...

出典 http://ja.wikipedia.org

GLIM SPANKY 1

Twitter Ⅰ


GLIM SPANKY 8

Twitter Ⅱ


GLIM SPANKY 9

Twitter Ⅲ


GLIM SPANKY 10

🎵愚か者たち

🎵怒りをくれよ

🎵美しい棘

🎵ワイルド・サイドを行け

🎵褒めろよ

🎵吹き抜く風のように

GLIM SPANKY 12
1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ