音楽、映画、本、アート、スポーツ

デレク・トラックス

音楽/MUSICS

 デレク・トラックス

デレク・トラックス Derek Trucks

デレク・トラックス1

忘れもしない2006年12月の
エリック・クラプトン武道館公演で
クラプトンと共にステージに登場し
抜群のスライドギターを
披露したデレク・トラックス
                    
1979年6月8日生まれの
アメリカ合衆国のギタリストで
オールマンブラザースのドラマー
ブッチ・トラックスの甥っ子である
                    
そんな彼の
3年ぶりの来日公演が決定
これは必見です
                    
SGを持ったスライド・マスター
とも呼ばれるデレク・トラックス
                    
SG(エスジー)とは
アメリカ合衆国のギブソン社が
1961年のニューモデルとして発表した
エレクトリックギター
名称の「SG」はSolid Guitar
ソリッド・ギターの意
                    
その音とはこちら

Gibson USA Derek Trucks Signature SG 2014

🧡 🎶 💙 🧡 🎶 💙 🧡 🎶 💙 🧡 🎶 💙 🧡

Tedeschi Trucks Band Signs 2019 Tour

●2019年6月11日(火) 
大阪・あましんアルカイックホール
18:15 open/19:00 start
S ¥9,800 A ¥8,800
                    
●2019年6月12日(水)
名古屋・Zepp Nagoya
18:30 open/19:00 start
¥9,800
                    
●2019年6月14日(金)
東京・東京ドームシティホール
18:15 open/19:00 start
●2019年6月15日(土)
東京・東京ドームシティホール
16:15 open/17:00 start
●2019年6月16日(日)
東京・東京ドームシティホール
15:15 open/16:00 start
S ¥9,800 A ¥8,800

🧡 🎶 💙 🧡 🎶 💙 🧡 🎶 💙 🧡 🎶 💙 🧡

フロリダ州ジャクソンヴィル出身
9歳からギターを弾き始め
1994年に
ベーシストのトッド・スモーリィ
とともにバンドを組み始め
翌1995年には
ドラマーのヨンリコ・スコットが参加して
デレク・トラックス・バンドを結成

エリック・クラプトン

その後
キーボーディストのコフィ・バーブリッジ
(オールマン・ブラザーズ・バンドの
ベーシスト オテイル・バーブリッジの兄)
ボーカルのマイク・マティソン
パーカッションのカウント・ムブトゥも加わり
1997年から2010年までに
6枚のスタジオ録音アルバムと
3枚のライブアルバムを発表

一方
10代前半から
オールマン・ブラザーズ・バンドのライブにも
ゲストとして参加するようになり
1999年には正式メンバーとして迎えられた
以降、同バンドの特徴である
ツイン・リード・スタイルの一翼を担ってきたが
2014年にもう1名のギタリストである
ウォーレン・ヘインズとともに脱退を表明

デレク・トラックス

妻であるブルースシンガーの
スーザン・テデスキも1997年から
彼の音楽活動に参加している
                    
2010年には
妻のバンドと合併及び再編成を行い
デレク・トラックス・バンドとしての活動は停止
現在はテデスキ・トラックス・バンドとして活動

テデスキ・トラックス・バンド

この2バンド以外にも
著名ミュージシャンの様々なセッションに参加し
2006年にはエリック・クラプトンのツアーにも同行
                    
ちなみに彼の名前「デレク」は
デュアン・オールマンが参加した
クラプトンのバンド
「デレク・アンド・ザ・ドミノス」
から取られている

フロリダ州ジャクソンヴィル出身
9歳からギターを弾き始め
1994年に...

出典 http://ja.wikipedia.org


デレク・トラックス「D Minor Blues」

デレク・トラックス・バンド「maybe this time」

テデスキ・トラックス・バンド「These Walls」

テデスキ・トラックス・バンド「Laugh About It」

オールマン・ブラザーズ・バンド「One Way Out」


デレク・トラックス6月

デレク・トラックス5
1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ